歯っぴぃ新聞 vol.10

虫歯ができる原因知ってますか?

 

食事・間食の頻度と虫歯に関係があります!!

 

歯の表面はカルシウムの多いエナメル質に守られています。

虫歯菌は歯垢(デンタルプラーク)の中に住んでおり、

食事=虫歯菌の餌がお口に入ると虫歯菌は餌(糖分)をもとに酸を作ります。

 

食事・間食によるお口の中の酸性度が変化します。

→ 酸性になると、歯が溶けだします!

食事後、酸により一旦歯の表面が溶かされます。

  しばらくすると、唾液により回復します。

  しかし、回復するにはある程度時間が必要なため、

  飲食の感覚が短いと、唾液による回復が間に合いません!

歯に穴があく原因に!!

食事・間食が多いと、酸により歯がとかされる時間が長くなり、

  虫歯になるリスクが高くなります。

 

磨いているのに虫歯ができる!?

そんなときは、ダラダラ食いや間食が多くないか

気をつけて生活習慣をみてみましょう!!

歯っぴぃ新聞 vol.9

お子さんの虫歯、大丈夫ですか!?

生えたての歯はとてもやわらかいので、特に虫歯になりやすい!!

 10才くらいまでが、虫歯のピークです!

 

仕上げ磨きは小学校入るまでは間違いです!!

 生えたての歯は特に虫歯になりやすいので、歯のはえかわる

 小学校低学年までは仕上げ磨きをしっかりしてあげましょう!!

 

 小学校中学年からはお子さんの歯磨き後、チェックしてあげましょう!

毎月8日を「歯の日」として、毎月1回仕上げ磨きをしてあげましょう!

 

年に2~3回の定期検診をお勧めします!

プロの手の歯の清掃とフッ素塗布がお子さんの歯を守ります!!

歯っぴぃ新聞 vol.8

歯みがき粉の特徴を紹介します!

 歯周病で歯の根元が露出している方へ

 歯がすり減って、しみやすくなっている方へ

 やわらかい乳歯のために

 

◆ ジェルコート F (大人向)

  虫歯の進行を防ぐフッ素と歯周病菌に効く成分(塩酸クロルヘキシジン)が含まれています。

  研磨剤や発泡剤無配合なので、歯と歯肉にやさしい処方となっています。

  ただ、研磨剤が含まれていないので、着色しやすくなることがあります。

 

◆ Check-Up foam

  少量の使用でフッ素が素早くすみずみまで広がる泡タイプの歯みがきフォームです。

  大人の虫歯予防や、うがいができない乳幼児の虫歯予防に最適です。

 

◆ Check-Up Kodomo(子供用)

  虫歯の進行を防ぐフッ素入りです。

  やわらかい乳歯や、歯のすりへりでしみる方におすすめです。

歯っぴぃ新聞 vol.7

歯が失ってしまったら・・・

→ 1本の場合、向かい合う歯が伸び、隣の歯が倒れてきます。

 → 複数本の場合、向かい合う歯が伸び、前歯が出てきます。

抜けた歯を放っておくと、歯が動いてしまい咬みあわせのバランスが崩れたり、

歯周病や虫歯の原因にもなります!!

 

健康でおいしく食べ続けるために、

「部分入れ歯」、「ブリッジ」、「インプラント」など

必要なほてつ物を入れましょう!!

歯っぴぃ新聞 vol.6

「歯ぎしり」「咬みしめ」は大変危険です!

ほっておくと、口の中や周囲の組織に大きな影響を及ぼし、歯を失うことがあります!

「歯ぎしり」から歯を守るには、ナイトガードが有効です!!

大切な歯を守り、いつまでのご自分の歯でおいしくお食事ができ、

明るい笑顔で楽しい人生を送っていただきたいと思っています。

ナイトガードについての詳しい説明をご希望の方は、お気軽にお声かけ下さい。

歯っぴぃ新聞 vol.5

タフトブラシご存じですか?

タフトブラシは、歯ブラシでは届きにくい奥歯や歯並びが悪い所を磨くのに最適です!

歯ブラシではなかなか届きにくい奥歯の届や、矯正中の方にも最適です。

当院では1本150円で販売しておりますので、お気軽にスタッフまでお申し付けください☆

歯っぴぃ新聞 vol.4

「歯と歯ぐきの境目」や「歯と歯の間」、磨けてますか?

毎日きちんと磨いても、歯と歯の間(歯間部)は磨き残ししやすい所です。

歯ブラシだけでは、実は約半分しか汚れは取れていないと言われています!

歯と歯の間はフロスや歯間ブラシを使いましょう☆

  「毎日ハミガキしているけど、本当にしっかり磨けているのかな?」

  「痛くないし、何年も歯医者に行っていないけど、大丈夫かな?」

など、少しでも心配事がありましたら、お気軽にお声かけ下さい!!

 

佐野歯科クリニックのスタッフ一同が、

お口の中の健康維持のサポートをいたします!

歯っぴぃ新聞 vol.3

白いむし歯って聞いたことありすか?

白いむし歯って何? 黒いむし歯と何が違うの?

 

白いむし歯というのは、黒いむし歯になる前の初期むし歯のことです。

初期のむし歯は多くが白っぽく見えます。歯の表面では、脱灰と再石灰化が起こっていますが、初期のむし歯は脱灰によって、もともと透明なエナメル質が白く見えるためです。

歯にはもともと白く見える部分もありますが、脱灰した初期むし歯は濁ったような白さです。

 

白いむし歯(初期むし歯)をそのままにすると?

状態が悪くなり、むし歯がすすんでしまうと、治療が必要になります。

特に痛みなどがなくてもこのままの状態でむし歯をほっておいてしまうとむし歯が広がり神経までとらないといけなくなります。早期治療をおすすめします。

 

白いむし歯はどうすればいいのか?

これ以上むし歯が進行しないように正しい歯みがき指導とフッ素塗布による再石灰化を促進し、むし歯に強い歯質づくりをめざしましょう!

 

むし歯になってしまった歯は自然には治りませんし、

二度と元にはもどりません!毎日の丁寧な歯磨きと、

歯科医院による定期的な検診がとても大切です!

歯っぴぃ新聞 vol.2

「フッ素って何・・・?」そう思ったことありませんか?

 

フッ素は何も特別なものではなく、自然界にもいたるところにあります。

緑茶や紅茶、塩や砂糖にも含まれているので、毎日の食事を通して、

私たちのカラダに取り込まれています!

 

フッ素には、歯を丈夫にして虫歯を防ぐ働きがあります! 

1.強い歯にします!

 2.歯の再石灰化を促進します!

 3.虫歯の働きを弱めます!

 

フッ素は年に3~4回塗布することで、 最大限の効果が期待できます!

3か月ごとの定期検診の時に塗って、 虫歯予防をしていきましょう。 

歯っぴぃ新聞 vol.1

虫歯も歯周病も細菌感染症です!

細菌は、歯の表面や歯肉についたプラーク(歯垢)の中にいて、放っておくと虫歯や歯周病が進行してしまいます。 その結果・・・歯を失ってしまいます。

歯を失わないための一番の近道は、毎日の丁寧なハミガキです!!

 

あなたのお口の中はいかがですか?

  「毎日ハミガキしているけど、本当にしっかり磨けているのかな?」

  「痛くないし、何年も歯医者に行っていないけど、大丈夫かな?」

など、少しでも心配事がありましたら、お気軽にお声かけ下さい!!

 

佐野歯科クリニックのスタッフ一同が、

お口の中の健康維持のサポートをいたします!

ご連絡はこちら

院長の佐野です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

077-576-2096

077-576‐2095

医院名

医療法人 将和会
佐野歯科クリニック

院長

佐野 将史

住所

滋賀県大津市湖青1丁目-3-9

アクセス

JR湖西線 小野駅 徒歩3分

院長ごあいさつはこちら

協力医療機関

京都府立医科大学附属病院

日本外傷歯学会 指導医

医療機器グローブ
導入歯科医院 認定証