歯っぴぃ新聞 vol.50

お口の中をもっと快適に!

気になる見た目、装着感や食べにくさ...

そんな悩みの多い入れ歯にも種類があるんです!

 

自費治療でつくる入れ歯は、プラスチックと合わせて、

チタンやコバルトクロムといった金属を使い、

強度、軽さ、薄さ、耐食性、耐熱性に優れており、

自然な装着感と快適感を追及しています。

金属の味は、ほとんどしません。

【特徴】

  1. 保険内でつくる入れ歯の5分の1の薄さでつくることができます。
  2. 熱が伝わりやすいため食べ物の温度を瞬時に伝え食事をおいしく食べることができます。
  3. 残っている歯にあまり負担をかけません

◆ スマートデンチャー

スマートデンチャーは、入れ歯をひっかける金属の部分を

プラスチックのバネで作ることで、見た目をより綺麗に

みせることができます。金属床との併用がおすすめです。

パンフレットをご用意しております。お気軽にお声かけください。

歯っぴぃ新聞 vol.49

いまさら聞けない・・・

医療機器は交換しているの?

はい!もちろんです!!

佐野歯科クリニックでは、当初から患者様ごとに器具を交換して治療を行っております。

お口に入る器具は徹底した滅菌システムで衛生的です。

ご安心ください!

安心① 基本器具をパックし132℃の高圧蒸気で完全に滅菌!

安心② 滅菌し終わった基本器具はお1人毎に交換!

安心③ グローブ、コップ、エプロンもお一人毎に使い捨て!

 

滅菌し終わった基本器具は使用するまで開けませんので非常に衛生的です。実際に使用する際には患者様の目の前で開けますのでご安心ください。

『バリバリ!!』という音が開封音です。

滅菌パックの使用、グローブ、コップ、エプロンなどの使い捨て利用は、コスト・手間がかかってきますが、感染予防対策には欠かせないことであります。

これからも患者様に安心して治療をうけて頂く為、徹底した衛生管理を行っていきます。

歯っぴぃ新聞 vol.48

夜の歯磨きに時間をかけましょう!

就寝中は唾液の量が減少するため、細菌が増殖しやすく、みがき残しの歯垢(プラーク)が多いと歯周病のリスクが非常に高まります。このことから、特に就寝前に歯垢(プラーク)を残さないことが大切になってくるのです。

歯磨き後はフッ素を塗って、むし歯予防、歯周病予防をしましょう!フッ素配合ハミガキ剤を継続的に使用することで、予防率はアップします。

 

★ フッ素の働き ★

1. 酸の産生を抑制

歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作るむし歯の

原因菌の働きを弱め、歯垢(プラーク)が作る酸の量を抑えます。

2. 再石灰化の促進

歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。

3. 歯質強化

歯の表面を酸にとけにくい性質に修復します。

特に乳歯や生えたての歯は軟らかいので、

フッ素配合のハミガキ剤を使い、歯質強化に努めましょう

 

 

 

歯っぴぃ新聞 vol.47

歯ブラシでは約60%しか磨けない!

フロスを併用すると79%、歯間ブラシを加えると85%まで除去できます。

歯間ブラシは、歯と歯茎の隙間に残された歯垢(プラーク)を効率良く除去できるデンタルグッズです。歯垢の蓄積を防ぐことで歯周病の発生リスクを食い止めることができます。

 

◆ 歯間ブラシの使い方 ◆ 

※ 1日1回は、使いましょう!!

  1. 必ず鏡を見ながら使いましょう。鉛筆を持つように持つと、操作がしやすいです。
     
  2. 歯ぐきを傷つけないように、ゆっくりと斜めに挿入します。
     
  3. 歯間ブラシを水平にして、歯面に沿わせて前後に2~3回動かします。奥歯は、内側からと外側からの両方向から使うと効果的です。
     
  4. 隣り合っている歯をそれぞれきれいにする。
     
  5. 歯間ブラシは繰り返し使えるため使用後は流水でしっかり洗い、風通しの良い場所で乾燥させてください。

 

◆ 歯管ブラシの交換の目安

毛が乱れていたり、短くなったと感じたら、新しいものに交換するようにしましょう!

 

歯間ブラシは歯ブラシと併用することで、85%以上の歯垢除去率が期待できます。お口のケアには欠かせないものなのです。

ご自身に合った歯間ブラシの選び方と正しい使い方を実践すれば、歯とお口の健康をしっかり守ることができるはずです。

歯間ブラシのサイズ、使い方など説明をご希望の方は、お気軽にお声かけ下さい。

 

歯っぴぃ新聞 vol.46

気になる見た目!歯が黒ずむ原因って?

にっこり笑った時にのぞく歯は、私たちが思っている以上に、強い印象を残すものです。歯が黒くなってしまう理由は人により様々。

そのうちの多くは、普段のお口のケアや、生活習慣の中に潜んでいます。

 

原因①: ヤニや着色で黒くなる

喫煙習慣や、コーヒー、紅茶、ワインなどがヤニや着色の原因です。

原因② : 歯石

歯石は本来、白や乳白色ですが、歯周病が進行すると、歯ぐきからの出血により、歯石が黒くなります。

 

生活習慣では、丁寧な歯磨きを心がけましょう。

また、禁煙をしたり、コーヒーなどを飲んだ後は、軽く口をゆすぐ事をおすすめします。すでにヤニや着色、歯石が付いてしまった場合は、歯磨きだけでは落とす事ができません。

歯科衛生士が行う歯石取り、着色取りで綺麗に汚れを落とす事が可能です!定期的にクリーニングをしましょう。

 

原因③: 銀歯のサビが歯に移る

お口の中は常に唾液で濡れています。その為に,金属がさびて、歯や歯茎に浸透して黒くなるのです。

 

原因④ : 虫歯や歯の中の神経が 死んで黒くなる歯

虫歯になると、歯が黒くなります。また、歯の神経が死んでしまうと、歯の中から歯が黒ずんでくる事があります。

 

金属がサビて黒くなった部分は、残念ながら削り取らないと白くはできません。

現在は医療技術の進歩により、詰め物一つでも、さまざまな治療法が選べるようになりました。その為、金属を使わない治療を始めから心掛ける必要があります。

歯の神経が死んでしまい黒ずんだ歯には、歯の漂白をすると、ご自身の本来の色に戻せる可能性があります。

 

このように、歯が黒ずむ原因はさまざまですが、早めに対処すれば、黒ずんだ歯を白くする事は十分に可能です!

気になる事がありましたら、お近くのスタッフまでいつでもご相談下さい♪

 

歯っぴぃ新聞 vol.45

わかりやすい!歯周病糖尿病

平成26年度の厚生労働省のデーターによると、日本人の約8割が歯周病に罹患しており、また、男性の16%・女性の10%が糖尿病有病者といわれています。

 

二つの疾病の関連性はよく取り上げられますが、要するにどういうことなのでしょうか???

歯周病が進行すると、糖尿病も進行してしまいます。

また、糖尿病が進行すると歯周病も進行してしまいます。

逆に、歯周病が改善すると糖尿病も改善し、糖尿病が改善すると歯周病も改善します。

両者の因果関係は密接です。

 

<< 私たちのできること >>

歯周病治療も大切ですが、自宅での丁寧な歯磨きも糖尿病改善に大きく影響します。糖尿病治療を受けておられない方の中にも「血糖値が高い」とご指摘を受けたことがある方がいらっしゃるかと思います。

ぜひご自宅での歯磨きと、定期的な歯のクリーニングをおすすめします!

 

 

歯っぴぃ新聞 vol.44

歯磨きは就寝前が特に大切です!

食事をとると、口の中は数分で酸性に変わり、歯が溶け始めます。これを「脱灰」と呼びます。しかし、その後30~40分くらい時間が経つと、唾液の再石灰化促進作用によって溶かされた歯の表面は修復されます。これを「再石灰化」と呼びます。

しかし寝ている間は唾液がほとんど出ません。

唾液の量は起きている時のおよそ10分の1にまで減っているのです。

唾液の虫歯予防に関する働きには次のことがあります。

 

 

《 唾液の働き 》

人間のもっている虫歯に対する抵抗力のうちでもっとも大きな力は唾液です。

唾液の作用には、次のことがあります。

  1. 洗浄作用:唾液は歯の表面や口腔内を洗浄します。
  2. 殺菌・抗菌作用:唾液中の免疫抗体、リゾチーム、ペルオキシターゼ、ラクトフェリン
  3. 緩衝作用:口腔内の酸、アルカリを中和します。
  4. 抗脱灰作用:PHを高めて、歯の溶解を低下させ、また、エナメル質、象牙質の再石灰化を促進させます。

唾液はこのようなすぐれた働きをしますので、分泌量が多いほど、虫歯の予防効果は高くなります。

 

よって、唾液の分泌がほとんど無くなってしまう寝ている間は、一日の中で最も

虫歯リスクが高まるのです。就寝前に、しっかりと歯を磨いて口の中の虫歯菌の数を少なくしておくことで、就寝中の虫歯菌の増殖を最小限に抑え、歯ができるだけ溶けないようにすることができます。

そのため、夜の歯磨きは歯の健康を保つために最も重要な歯磨きといえます。

 

唾液量は一日の中でも変動があり、眠っている間は唾液が減少。

また、緊張や、ストレス、疲れなどでも唾液は減少し、細菌が増殖しやすくなります!!

歯っぴぃ新聞 vol.43

6歳臼歯とは?

  • 6歳前後に奥から生えてくる永久歯で正式には第一大臼歯といいます。
  • 6歳臼歯は、永久歯の中で1番か2番目に生えてくる歯で、最も大きな歯でもあります。また、乳歯と生え変わるのではなく、一番奥の歯茎を突き破って生えてくる歯です。

永久歯の中でもかむ力が一番強く、これから生えてくる永久歯のかみ合わせの基準となる大切な歯です。

しかし、歯茎から完全に出てくるのに時間がかかり、歯の溝が深いため、最も虫歯になりやすい歯です。生えた永久歯は、形は一人前ですが、石灰化が不十分なために柔らかく、生えてくる途中で虫歯になってしまうこともあるので歯を1本ずつ磨けるタフトブラシはとても効果的です。

乳歯の時から虫歯ができない環境づくりをして、6歳臼歯を迎えてあげたいですね。

虫歯は、歯磨きだけで完全に防げるものではありません。

フッ素やデンタルフロスの使用で、大切な歯を虫歯から予防していきましょう!

歯っぴぃ新聞 vol.42

骨が溶ける!?「歯周病」

歯を失う二大原因は、虫歯と歯周病です。

歯周病は、現在、30歳以上の成人の約80%がかかっていると言われ、最も多い感染症としてギネスブックに記録されています。

歯周病とは、歯肉と歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。

歯周病の一番の原因はプラーク!!

「歯石」も、元々はこのプラークが長時間くっついていた所に、唾液などに含まれているカルシウム成分が沈着して石のように固まったものです。

この"歯石"の状態になってしまうと、もう歯磨きでは取れないので歯科医院で除去するしかありません。

 

歯周病治療は、歯科衛生士によるプロケアが必要です。

早期発見・早期治療で、より良い口腔内環境を作るお手伝いをさせて下さいね。

歯っぴぃ新聞 vol.41

歯磨き粉に含まれている成分の役割知っていますか?

歯磨き粉には歯垢(プラーク)の除去だけでなく、様々な効果があります。

フッ素で再石灰化を促す効果や、ステイン(着色汚れ)を落とす効果など、自分の目的にあった効果を持つ歯磨き粉を選びましょう。

効果1 効率よく歯垢(プラーク)を除去する。

効果2 歯垢(プラーク)をつきにくくする。

効果3 口臭を除去・防止する。

効果4 歯の再石灰化を促す。

効果5 ステイン(着色汚れ)を除去する。

◆ 歯磨き粉の主な薬用成分 ◆

ほとんどの歯磨き粉には基本成分に薬用成分が加えられています。

成分表の薬用成分を見ることで、この歯磨き粉が虫歯予防に効果があるのか、歯周病予防に効果があるのかなどがわかります。

 

自分の症状や目的に合った薬用効果の歯磨き粉を使用して、歯とお口の健康を守っていきましょう!!

 

受付

時間

8:30~

12:30

2:30~

6:00

△:祝日のある週のみ診療
□:2:00~4:30まで

休診日

木曜・日曜・祝日

歯科医師・歯科衛生士募集

歯科医師・歯科衛生士を
募集しています!

見学はいつでも歓迎しています。
見学の希望や問い合わせは、
電話かお問い合わせフォーム(求人)
からお願いします。
>>歯科医師募集要項
>>歯科衛生士募集要項

077-576-2096

休診日
8月
   
91011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

赤字 休診日 青字 午前中のみ

翌月以降はこちら

ご連絡はこちら

院長の佐野です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

077-576-2096

077-576‐2095

医院名

医療法人 将和会
佐野歯科クリニック

院長

佐野 将史

住所

滋賀県大津市湖青1丁目-3-9

アクセス

JR湖西線 小野駅 徒歩3分

院長ごあいさつはこちら

協力医療機関

京都府立医科大学附属病院

日本外傷歯学会 指導医

医療機器グローブ
導入歯科医院 認定証