歯の豆知識

歯の豆知識

知ってるようで、知らない歯についてのあれ、これを紹介します。

ご自身の歯について、もっと興味をもつきっかけになっていただけたら幸いです。

1.歯にまつわる話

第一回目は、皆さんにもっとも身近な「」について、色や形について、紹介します。

 

私たち人間は、いろいろなものを食べますよね?

そのため、前歯は食べ物を噛み切る働きを、奥歯(臼歯)は食べ物をすりつぶすという働きを持っています。

歯の形は、いつも何を食べているかよって、大きく異なってきます。

 

例えば、ライオンやチーターのような肉食動物の歯は、肉を噛みちぎるために全て鋭くとがっています。また、その鋭くとがった「歯」を使って、獲物を捕まえるのはみなさんもよくご存知ですよね。

反対に、シマウマや馬のような草食動物の歯は、草や葉、果実をすりつぶして食べるのに適した形になっています。そのため、臼歯は平たく、犬歯はあまり発達していません。

ウサギやネズミのような食べ物をかじる動物の歯は、大工さんたちが使うノミのようになっていて、かたい物を食べるのに適しています。

 

自然界に生きている動物たちは、それぞれの食べ物にあわせて進化した「歯」をもっているので、虫歯になることはほとんどないそうなのです。

しかし、ペットや動物園の動物たちは、本来食べることのないお菓子をもらうこともあるので、虫歯になってしまうことがあるのです!

 

人間も動物も、甘いお菓子は虫歯の元になります!

甘い食べ物や飲み物は、せっかくの歯を失う原因となる事があります。

お口のトラブルは定期的な検診で予防をしましょう。

2.虫歯も歯周病も細菌感染症です!

菌は、歯の表面や歯肉についたプラーク(歯垢)の中にいて、放っておくと虫歯や歯周病が進行してしまいます。 その結果・・・歯を失ってしまいます。

歯を失わないための一番の近道は、

毎日の丁寧なハミガキです!!

 

あなたのお口の中はいかがですか?

  「毎日ハミガキしているけど、本当にしっかり磨けているのかな?」

  「痛くないし、何年も歯医者に行っていないけど、大丈夫かな?」

など、少しでも心配事がありましたら、お気軽にお声かけ下さい!!

3.「フッ素って何・・・?」
 そう思ったことありませんか?

フッ素は何も特別なものではなく、自然界にもいたるところにあります。

緑茶や紅茶、塩や砂糖にも含まれているので、毎日の食事を通して、

私たちのカラダに取り込まれています!

 

フッ素には、歯を丈夫にして虫歯を防ぐ働きがあります! 

 1.強い歯にします!

 2.歯の再石灰化を促進します!

 3.虫歯の働きを弱めます!

 

フッ素は年に3~4回塗布することで、 最大限の効果が期待できます!

3か月ごとの定期検診の時に塗って、 虫歯予防をしていきましょう。 

歯の豆知識

ご連絡はこちら

院長の佐野です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

077-576-2096

077-576‐2095

医院名

医療法人 将和会
佐野歯科クリニック

院長

佐野 将史

住所

滋賀県大津市湖青1丁目-3-9

アクセス

JR湖西線 小野駅 徒歩3分

院長ごあいさつはこちら

協力医療機関

京都府立医科大学附属病院

日本外傷歯学会 指導医

医療機器グローブ
導入歯科医院 認定証